衝撃の事実!|日本のサウナは間違いだらけ?ロウリュとは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
新米サウナーくん

最近サウナにハマりだして近所の銭湯によくサウナに入りに行くんですけど、なんかサウナってめっちゃ乾燥してて呼吸がしづらくて辛いんですよね。

先輩サウナー

そもそも日本のサウナはドライサウナが主流やからな。

新米サウナーくん

え!?ドライサウナ?…ってなんですか?

先輩サウナー

ドライサウナっていうのは湿度が少ないサウナのことや。本場フィンランドのサウナはロウリュで湿度をぐんと上げるからウェットサウナっていうんやで。ほなドライサウナとウェットサウナについて掘り下げて解説して行くで!

目次

日本のサウナと本場フィンランドのサウナの決定的な違いは湿度!

昨今のサウナブーム到来

最近日本ではサウナブームの到来でロウリュやアウフグースサービスのある温浴施設が増えてきたことは嬉しい限りです。
しかし今だに町の銭湯ではドライサウナが主流なのです。

私、鳳けいすけ的にはロウリュ推奨派なのでもっとロウリュ施設、欲を言えばセルフロウリュの出来る施設が更に増えればいいと思っているのです。

日本のサウナの歴史

オリンピック効果でフィンランドサウナが世界進出!

そもそもなぜ日本ではドライサウナが主流になったのか。

そこでまず、フィンランド式サウナがいかにして世界に伝播していったのかの歴史について紹介します。

フィンランドサウナが世界に広まったきっかけは1936年のベルリンオリンピックだと言われています。
フィンランド選手団が選手村に組立式サウナを持ち込み気持ちよさそうに汗を流している様子を見て他国の選手たちが羨ましがり、それぞれの自国へサウナを持ち帰り広まったと言われています。

フィンランドサウナがついに日本に上陸!?

1936年のベルリンオリンピックから20年の時を経て日本にも初めてフィンランド式?のサウナが伝わります。
これもまた1956年のオーストラリアで開催されたメルボルンオリンピックでのことでした。

当大会に出場していたクレー射撃選手日本代表の許斐 氏利(このみ うじとし)選手が選手村のサウナの存在を知り感銘を受けて1957年に自身が銀座6丁目に経営していた「東京温泉」という入浴レジャー施設に日本で初めてサウナを持ち込んだと言われています。

※許斐 氏利さんはクレー射撃オリンピック日本代表でありながら右翼・特殊株主・興行師・実業家としても名を馳せていました。いわゆるその筋の人だそうな。
許斐 氏利(Wikipedia)

しかし「東京温泉」のサウナは蒸気の熱で室温をあげるものでパワーが足りず本格的なフィンランドサウナとはいえない代物だったそうな。
※「東京温泉」は今でいうソープランドのような性風俗施設だったそうです。

それでも当時はサウナはマイナーな存在だったそうで日本でフィンランドサウナが知れ渡るきっかけになったのはまたもやオリンピック。
きっかけは1964年の東京オリンピックでフィンランド選手団が選手村にサウナを持ち込んで利用している様子が日本のメディアで取り上げられたことで国民の関心を寄せたことでした。
1966年に日本におけるフィンランドサウナの草分け的存在としてまず第1号は渋谷「スカンディナビア・クラブ」が開業されました。

日本にはフィンランドサウナが間違って伝わってしまった!

ロウリュ(löyly)とは熱く熱した石に水をかけ蒸気を発生させて、それにより生じた熱波を肌で受けることを意味します。


ロウリュをすることでサウナ室の湿度が上がり呼吸が楽になり、また湿度が上がることで空気中の熱伝導性が向上します。
日本のドライサウナで温度計が100℃以上を指しているのにもかかわらず火傷をしないのは湿度が低く熱伝導性が低いからなのです。

そのためロウリュにより熱伝導性を高めた空気は室温が60℃ぐらいでも十分暑く感じるのです。

またサウナストーンに水をかけることにより空気中のマイナスイオンが増加します。
マイナスイオンの効能についてはここでは省略しますがみなさんのご存知の通りのことです。

本場フィンランドには「ロウリュにはサウナの魂あり」ということわざがあります。
本来ロウリュには「命」とか「霊魂」といった意味があるのです。

先に述べた「スカンディナビア・クラブ」を筆頭に次々とサウナ入浴施設が出来ていきましたが、ほとんどのサウナではストーブの石に水をかけることを禁じています。

そのため日本のサウナではただ闇雲に室温を100℃以上に
高めカラッカラに乾いた空気の中で呼吸をすれば
喉が痛くなるような環境の中、肌と毛髪を痛めながら
暑さ我慢大会のような様子を呈しているのです。

それゆえに〈サウナ=暑い・苦しい=サウナ嫌い〉
という図式になってしまうのです。

それもそのはず、残念なことに日本人はサウナの本質を理解せず
間違った使い方をしてしまったのである。

今後のロウリュ文化の更なる発展に期待

最近ではサウナの本質を理解した有能な銭湯経営者が増えている印象があります。

BS朝日放送の「サウナを愛でたい」で取り上げられていた
東京都の黄金湯さんや、寺島浴場さんはセルフロウリュ可能な
サウナストーブを取り入れた良い例です。
(まだ行けていないので東京遠征した際には絶対行ってみたい!)
町の銭湯規模でもセルフロウリュが出来る施設が増えていっています。
事業投資は厳しいとは思いますが銭湯経営者の皆様、ぜひご検討を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる