100円ショップで揃うキューゲルの作り方解説

キューゲル作り方

キューゲルの作り方解説

この記事はこんな人にオススメ

ドラマ「サ道」やサウナメディアでとりあげられている「御船山楽園ホテル らかんの湯」。
らかんの湯のロウリュサウナで使用されているのがアロマ氷:キューゲル
この記事を読めばキューゲルの簡単な作り方が理解できます。
プライベートサウナやテントサウナでキューゲルを使ってみたい方におすすめの記事です。

目次

キューゲルとは

キューゲルとはアロマ水をボール状に凍らせたもので、サウナストーンの上に置くことで溶けだした氷が徐々に蒸発していくので通常のロウリュと違い緩やかなロウリュの蒸気とアロマの香りが楽しめるロウリュグッズです。

ちなみにキューゲルとはドイツ語でkugel:銃弾の意味です。

キューゲルの作り方解説

用意する道具(100円ショップで購入可能)

  • 泡立て器
  • アイスボールメーカー
  • 撹拌させるためのタッパーなどの容器
  • アロマオイル(さすがに100円ショップでは売ってないと思うのでAmazonや楽天で好きなものを購入してください)
用意する道具一覧

こちらの写真のように100円ショップで販売されているアイスボールメーカーと泡立て器を用意します。
私はダイソーで購入しました。
ちなみに泡立て器とタッパーは家庭にあるものを使うとアロマ水の香りが移ってしまい洗剤で洗っても香りが取れなくなるのでお勧めしません。
100円なのでキューゲル専用で用意しましょう。

水を煮沸させる(透明な氷にするため)

お湯を沸騰させます

水道水には微量のカルキ(塩素)やカルシウム、マグネシウムなどが含まれています。そういった不純物が凍ったときに白くなる原因なので一度水を沸騰させて不純物を取り除きます。
「別にすぐに溶けるから、その工程いらないよ!」って方は省いていただいて全然オッケーです。

アロマ水を攪拌させる

冷ましたお湯にアロマを投入する

沸騰させた水がある程度冷めたらタッパーに移し替えてアロマオイルをキューゲル1個当たり10滴ほど投入します。
今回はティーツリーのアロマオイルを使用しました。

香りの強さの好みに合わせてアロマオイルの量は調整してください。

アロマ水が分離している様子

アロマオイルは植物等から精油された油なので水には溶けません。
アロマオイルが均一に混ざった状態で凍らすため撹拌させる必要があります。

アロマ水を撹拌している

泡立て器で撹拌していきます。私は時短のためにマキタの電動ドライバーで一気に撹拌させました(笑)

撹拌してアロマの粒子が細かくなっている

撹拌されたアロマオイルの粒子がかなり細かくなりました。

撹拌したアロマ水をアイスボールメーカーに注ぎ上蓋を装着する

アロマ水をアイスボールメーカーに注ぐ

上蓋に空気を抜くための小さな穴が空いているので、そこからアロマ水が溢れ出てくるまでしっかりと上蓋を装着します。

冷凍庫で半日寝かせる

アイスボールメーカーを冷凍庫に保存

完成

キューゲル完成

12時間待ち切れず、10時間で開封してしましました(笑)
表面が少し固まらず濡れていますが、おおよそ完成ですね!

実際にサウナでキューゲルを使用してみた

まとめ

最近サウナー界隈で話題のキューゲルの簡単な作り方を解説してみました。
キューゲルでは通常のロウリュと違いほのかなアロマの香りと緩やかな蒸気が全身を包み込み、いつもより体の芯まで温まってすごい汗がドバドバと出てきました!
自宅サウナをやテントサウナをお持ちの方はぜひ自作キューゲルを作って使ってみてくださいね!

蒸風呂好太郎
サウナ起業家×船乗り
フィンランドのように日本でもあたりまえに各家庭にサウナのある生活を提供するため
サウナ/水風呂/外気浴をトータルでコンサルティングする事業をしています。
自らもロウリュサウナ、水風呂、外気浴を備えた住宅を建築しました🏠
前職は船の機関士でボイラーやチラーにも精通♨️
家や施設にサウナ・水風呂を作りたい方はお問い合わせください📩
また自宅や別荘にプライベートサウナお持ちの方は当ブログで紹介させてくだいさい。
ご連絡お待ちしております!
 🪪所有資格🪪
🧖サウナ・スパ 健康アドバイザー
🧖🏻サウナ・スパ プロフェッショナル(管理士)
🚢四級海技士(航海)
🔧内燃機関四級海技士(機関)
📻第一級海上特殊無線技士
キューゲル作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアするときはこちら
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次